ギフト業界唯一の公益法人

ギフト業界唯一の公益法人

一般社団法人全日本ギフト用品協会

一般社団法人全日本ギフト用品協会は、日本におけるギフト業界唯一の公益法人として1987年(昭和62年)6月、通商産業省(現経済産業省)の許可を得て設立され、2014年(平成26年)4月1日付けで一般社団法人に移行しました。任意団体の全日本ギフト連盟(昭和40年創立)時代を加えると50年の歴史を刻みます。本協会はギフト業に携わるメーカー、卸、小売など業種、業態の様々な企業が会員として入会しております。

事業内容

事業内容

<活動内容>
■ラッピング&クイリング資格認定事業
1.ギフト・ラッピング資格認定事業
 「まごころ」を込めて贈り物に欠かせない、美しく、綺麗なラッピング。また、贈り物の際に必要な日本の伝統(水引・のしなど)についての知識を得ることを目的に、1992年より毎年多くのギフト・ラッピングコーディネーターを輩出してきました。ギフト・ラッピングコーディネーター、上級ギフト・ラッピングコーディネーター、ギフト・ラッピング講師 の3つの段階の資格があります。
全国(及び韓国)にある25校の認定校・指定校で受講・受験をすることが出来ます。また、年3回、本協会での集中講座・試験を行っています。

2.ラッピング技能士(ビジネス)資格認定事業
 ラッピング技能士は、ビジネスの現場を想定し、職場(現場)において即戦力として通用する「ラッピングの知識と技術」を習得する資格です。冠婚葬祭の知識や慶弔の包み方、表書きの基礎を身に付け、大きなものや小さなもの、特殊なもの(Tシャツなどの衣料品や2つ以上のアソートなど)の包装やOPP素材での包装など様々な商品に対応した包装技術の習得、また、生産性を重視する為の包装時間の測定(斜め包み)などの特徴があります。
2級(基礎)と1級があり、1級資格では、・フーズ・インテリアと雑貨・ファッション・サービスカウンターの4つのカテゴリーがあります。

3.ペーパークイリスト®資格認定事業 
 細いペーパーをクルクル巻いてパーツを作り、そのパーツでお花や人や動物などの作品を作ることをペーパークイリングといいます。本協会では、そういう作品を作る人のことを「ペーパークイリスト」として商標登録し、2015年10月よりペーパークイリスト資格認定事業をスタートさせました。
初級・上級・インストラクターの3つの段階があります。
上級資格以上では、日本古来の伝統である「水引」とコラボレーションすることで、新しい世界を作り上げました。

4.フラワーラッピング資格認定事業 
 生花やアーティフィシャルフラワーを使ったラッピングです。
フラワーラッピングコーディネーターの資格があります。

■ギフト・プライバシーマーク認定事業
 個人情報保護法において、顧客の個人情報等を適正に管理しているかを毎年1回確認し、右記のGP(ギフト・プライバシー)マークの使用・表示を認定する事業を、本協会会員を対象に行っています。

■カタログ認定番号制度事業
 ギフトカタログを発行している本協会の会員が、自社カタログに本協会のロゴマークと認定番号を掲載するというものです。これにより、より良心的な姿勢と信頼・信用を顧客に提示でき、ギフト業界のさらなる発展を目指すものです。

■PL保険事業
 本協会が保険契約者として、複数の会員のPL保険(生産物賠償責任保険)に一括加入するものです。